【色々な防犯グッズを利用】防犯カメラと一緒に使うと良いグッズ!

防犯対策はスキを見せてはイケない!

まるでスキマ風のように、防犯対策をすり抜けてくる犯罪者。防犯対策のスキがあるから狙われるのです。スキが無い防犯対策なら、犯罪者も来ません。そんなスキを見せない防犯対策について下記で紹介します。

防犯カメラの設置の注意点

メンズ

カメラの設置箇所が目立つ

カメラの設置箇所は室外と室内では異なります。室外なら目立つ所に設置、室内なら目立たないような設置を心がけましょう。外なら、目立つことで発見しやすくなるため、気づいた時に逃げていきます。室内の場合は、見立たないことで犯行現場を抑えることが可能です。

死角になる所がないか

死角になる様な設置をするととても危険です。設置は業者が行ったとしても、雨風、場合によっては物が当たって角度が変わった時に防犯のスキが生まれ、結果空き巣に入られるということになります。なので、常に死角になる所を作らないように注意してください。

設置箇所の周りに木や草がないか

設置している所に木や草があると撮影の妨げになるため、要注意です。木や草は成長するため、いつ撮影の妨げになるのかわかりませんが、そもそもそれらの近くに設置することオススメします。

【色々な防犯グッズを利用】防犯カメラと一緒に使うと良いグッズ!

防犯カメラ

防犯対策は万全か?

防犯対策はとても重要ですが、万全かどうかわからないと、スキがあった場合、空き巣に狙われてしまいます。防犯対策は防犯カメラだけではなく色々な防犯グッズを駆使して、自宅や店舗を守るのです。その種類は多種多様あります。

監視カメラ

防犯カメラ以外の防犯グッズ!

防犯カメラも必要不可欠な防犯グッズですが、カメラと一緒に使用することで更なる防犯対策になるといわれているのがセンサーライトです。センサーライトというのはある一定の距離に入ることでセンサーが反応し、ライトが付くという単純だけど、かなり効果的なグッズです。それに昼によく自宅を留守にする方は、ガラスに防犯フィルムを設置することをオススメします。割れにくいガラスになるので留守が多い方は利用すると良いでしょう。

カメラだけではなく色々なグッズを使おう!

上記で説明した防犯グッズなどを駆使することで、防犯レベルもあがります。防犯カメラだけではなく、色んな種類の防犯グッズも一緒に利用することを意識してください。

広告募集中